GWとお盆と秋の限定営業の蕎麦屋in長野県小谷村編。

 

どうも、こんにちは。

今日もご覧頂き、誠にありがとうございます。

 

GW中のお出かけ先は、お決まりでしょうか。

 

今日の記事は、

GW中に小谷村を訪れたら、一度は足を運んでもらいたい蕎麦屋

について記載しております。

 

また小谷村では、GW期間中の5/3~5/6で「塩の道まつり」が行われております。

 

塩の道祭り

長野県小谷村観光公式サイト|雪と緑と温泉のふるさと、信州おたり

 

是非ともチェックしてみてください。

 

蕎麦屋の名前は、そばの花

 

 

 

お店の外観

お店の外観写真

 

 

今回、初めて訪れた蕎麦屋さんだったのですが、農家直営でGW、お盆、秋の蕎麦祭りのみの期間限定営業のお店でした。

 

 

お店の入り口

お店の入り口

 

 

お店の全景写真

お店の全景写真

 

昔はペンションとして利用されていた模様。お店の前には、広々としたテニスコートがあり、眺望は最高です。

 

伺ったのは11時半頃でしたが、他のお客さんは3組程。待つことなくスムーズに席に座れました。

 

蕎麦には、薄焼きとそば寒天がセット。

 

ざる蕎麦の写真

ざる蕎麦 700円〜

 

このざる蕎麦に、蕎麦の薄焼きと蕎麦湯を寒天で固めたよせ(羊羹みたいな)が付いてます。

 

(手前左)蕎麦の薄焼きにねぎの甘味噌ダレと、よせ(手前右)こごみのおひたし(奥左)ウドの酢味噌和え(奥右)野沢菜の漬物と大根のお漬物など

(手前左)蕎麦の薄焼きにねぎの甘味噌ダレと、よせ(手前右)こごみのおひたし(奥左)ウドの酢味噌和え(奥右)野沢菜の漬物と大根のお漬物など

 

蕎麦の薄焼き以外は、セルフサービスでお皿に取って頂くようになってます。

 

私が頂いたのは、かけ蕎麦でした(700円~)。空腹に急かされて、写真撮り忘れました。すみません。

 

ちなみにかけ蕎麦には、コシアブラなどの山菜の天ぷらがのってきます。

 

蕎麦のお味。地粉100パーセント。

 

蕎麦は、小谷村産の地粉100パーセント。

 

連れのざる蕎麦を一口頂いてみましたが、のどごし良くツルッと入るため、空腹の胃にしっとり来ます。

コシがあり、歯ごたえも良く満足感があります。

気持ち、もう少し出汁が欲しいな~と。

 

かけ蕎麦も、コシがあってざる蕎麦に負けず劣らず。出汁と良くからみ、箸がすすみます。

季節柄、ざる蕎麦がベストだと思うのですが、蕎麦は体が冷えやすいのでつい。

こちらももう少し出汁があると、最高かなと思いました。

 

コゴミや、ウドの酢味噌和えなどもあわせて頂きます。

季節のものとあって、蕎麦に花を添えてくれます。

満足です。

 

そばの花へのご案内

 

白馬村から国道148号線を糸魚川方面に向かいます。

大糸線 千国駅へ向かう、手前の信号を左折。

 

ここから直線で約500mほど向かい、

白馬コルチナ国際スキー場へ向かう看板が出ているので、それに従い車を走らせます。

道のり写真

 

白馬コルチナスキー場へ向かう様に看板が出てますので、こちらを右折して頂きます。

道のり写真

 

 

この上の看板↑から約2.0kmのところにあります

 

右折をしたら、道に沿って車を走らせていきます。

途中2箇所ほど Y字に分かれているところがありますので、ご注意を。

 

最初のY字を左折。

道のり写真

 

次の Y字も左折。

道のり写真

 

↑この写真からお店までは大体300mぐらいなもんでしょうか。

地図で見ると、白馬コルチナスキー場のすぐ横の位置にあるのが分かります。

 

今回ご紹介したお店。

 

農家直営 そばの花

〒399-9422 長野県北安曇郡小谷村千国乙12857

 0261-82-3020

農家直営 そばの花

(facebook)

 

最後に

 

今回ご紹介したのは、長野県北安曇郡小谷村にあるお蕎麦屋さんでした。

 

小谷村周辺は本番の冬はもちろんですが、春夏秋冬問わず四季折々の景色を楽しめます。

大変美しく、写真を撮られている方を多く見かけました。

 

白馬コルチナの風景写真

 

是非一度足を運んでみてください。

 

貴重な時間を頂き、ご覧いただき誠にありがとうございました。

乱筆失礼しました。

コメント