食塩、自然海塩、天日塩。ミネラルバランスの良いものは?

 

ご覧頂き、真にありがとうございます。

 

スーパーでの買い物などの際に、

「塩ってどれを選んだらいいかわからん」、「塩って、いろんな種類があるけど結局何がいいの?」

「食塩?天日塩?自然海塩?何がいいの?」、「塩って何でもいいんじゃないの?」

ってことはありませんか。

 

今回の記事は塩を選ぶポイントを記載しています。

塩選びの際の参考にして頂ければ幸いです。

 

 

塩を侮ることなかれ。

この塩選びこそ、健康と美味を両立させる非常に重要なものなのです。

 

そして、本当においしいおむすびを

食べる第一歩としてこの塩選びが重要なのです。

 

塩のミネラルバランスについて

 

塩の ミネラルバランス について考えたことはありますか?

 

塩に含まれるミネラルも製法や、原料によっても変わってきます。

以下引用になりますが、塩を選ぶ際の参考になればと思います。

 

製法によって、塩の純度とミネラルバランスが異なります。

 

塩のミネラルバランス 。

 

そんなこと意識したことない人、んミネラルバランスには気を使っている人も、

塩の純度について記載してみました。

 

私たちが、積極的に取らなければならない栄養素であるミネラル。

 

ミネラル=身・根・ラ・流(ミネラル)と当て字してみました。

身の根っことなり、体内を流れていくようではありませんか!!

 

毎日の生活で、美味しく摂取できればと思いました。

ご一読ください。

 

超高純度

 

食用には適さない程、塩化ナトリウムの純度がたいへん高く、薬品に近い。

食用として用いていると、健康に影響を及ぼす可能性が高い。

現在日本で、食品加工原料用含め生産消費される塩の多くは、超高純度塩です。

 

高純度

 

塩化ナトリウムの純度が高く、食用には、あまり適しません。

超高純度塩と比較すると良いが、最適ではない。

にがり再生塩などが上げられる。

 

中純度

 

食用として、普段の食生活に用いるのに最適です。

 

味覚的、栄養的にも調理や食品加工に常用できます。

自然海塩や、ほとんどの伝統海塩が、中純度に属している。

 

低純度

 

塩化ナトリウムの純度が低い。

にがり成分が多めで、塩分の高い食品や食品加工には少々難しい。

塩分の低い調理には○。

 

超低純度

 

塩化ナトリウムの純度が大変低い。

にがりが成分が多すぎるため、食用には向かず。

一般的に、薬用として用いることがある。

食用や食品加工には不向き。

常用するとマグネシウム過剰に陥る可能性が高い。

 

なぜこんなにも超高純度塩の生産・販売量が増えたのか

 

1971年に塩業近代化法が成立したためです。

この法律によって、ほとんどの塩田が廃止され塩の製造が大きく制限されました。

塩を製造するためのコストを大幅に減らすためだったといわれています。

これにより塩の生産を許されたのは、イオン交換式製塩法を用いていた会社のみだったのです。

 

結果として

 

塩=塩化ナトリウムであるという通説が一般的となってしまったのです。

結果ミネラルは不純物とみなされ、塩化ナトリウム純度の高い塩ほど良い塩とみなされるようになりました。

ついには超高純度の塩が大量に生産・販売されるようになっても、多くの人は異常だと感じなかったのです。

 

イオン膜法による塩は、たとえ塩化ナトリウムの純度が低めであっても、少量ミネラルのバランスが破壊されており(カルシウムやマグネシウムが少なく、カリウムが非常に濃縮されている)

しかも鉄、銅、マンガン、亜鉛などの大切な微量ミネラルが排除されているので、おすすめはできません。

~出典~ NPO法人 日本食用塩研究会 「知っトク情報!正しい塩の選び方」より

 

純度の異なる塩がこれだけあるとは、意外ですね。

 

私たちの生活にも大きな影響を与えています。

中でも、私たちの生活に欠かせない加工食品。

これらの多くに純度の高い塩が用いられているのは、ご存知でしたか。

 

 

代表的な加工用の塩とミネラルバランス

 

食塩・並塩

 

日本の海水からイオン膜立釜法で生産された塩です。

まさしく超高純度塩。

一般的に味噌、塩辛、練り製品、各種調味料など多くの加工食品に用いられています

 

原塩・粉砕塩

 

海外の塩田で、天日法を用いて生産された塩。(天日塩)

ミネラル分は0.5パーセントで、超高純度塩。

醤油、梅干し、漬物などの加工食品に使用されている。

 

精製塩・特級精製塩

 

薬品を用い化学精製した塩です。

ミネラルはほとんど含まれない超高純度塩。

元は岩塩を用いるバター、チーズ、ハム、ソーセージ、パンなどに使用されている。

 

にがり精製塩

 

元となる塩に、にがりや海水を加えて再度製造された塩です。

超高純度塩、高純度塩など。

ミネラルを含有した塩として、わずかですが多くの加工食品に使用されています。

 

自然海塩

 

日本の海水を用い、天日・平釜法などで生産された塩。

ミネラルが5%前後~10%前後まで様々です。

ニガリ再製塩とは比較にならないほど、ミネラルの豊富な塩として、少量ながら様々な加工食品に使われています。

 

まとめ

 

・塩を選択する基準としてミネラルバランスの良いものを選ぶ

・ベストなのは自然海塩

・ナトリウムのみの塩は(超高純度、高純度など)なるべく避ける

・選択肢が無い場合は、にがりなどを利用する

・ミネラルの補給できる食品の利用を考える

 

いかがだったでしょうか?塩を選ぶ際のポイントとして、参考になれば幸いです。

コメント