商品リンク作成の「Rinker」を紹介します!導入方法や使い方も簡単!

 

ブログやサイトの商品紹介って最初は良いだけど、ちょっと時間かかりません?

商品紹介リンクの作成ってちょっと手間かな?

商品検索して、HTMLコードをコピーして貼り付けて。。。

全部同じ画面上で出来れば楽なんだけど。

行ったり来たりでたまに、ミスっちゃうし。

 

 

ようやく自分のブログも最近商品リンク貼り付け始めたんですが、、、結構手間です。

 

他のサイトへ飛んで何個もタブ開いて、ちょっと大変。

 

間違って画面を閉じることもしばしば。

 

そんなときツイッター上でRinkerが便利!って誰かがつぶやいているのを見て、使ってみたんです。

かなり使いやすいので紹介したいと思います。

 

「カエレバも」使っているので、切り替えるわけではなく併用すれば超強力です。

 

今回の記事は

商品紹介リンク作成のwordpressプラグインRinkerについてです。

 

きっと商品リンクの作成時間が短縮されて、もっと記事が書きたくなるかもしれません。

是非ともダウンロードしてみてください。

 

商品管理プラグイン「Rinker」公式サイト

 

Rinkerって?

 

商品紹介リンクを簡単に作成出来るwordpressのプラグインです。

 

プラグイン作者は、在宅プログラマー兼ブロガーで3人の子育て中のやよい(@oyayoi19)さんです。

務システムの開発をされてきた経験から、Rinker開発へ至ったそうです。

 

Rinkerを使う前に

 

Amazonアソシエイトへの登録とAmazonProductAdvertisingAPIの認証キー取得方法は必ず行うようにしてください。

(※またAmazonアソシエイトの情報は必須です。)

 

楽天IDの取得、YahooショッピングアフィリエイトIDの取得。

もしくはもしもアフィリエイトへの登録が必要です。

 

もしもアフィリエイトで簡単にAmazonID、楽天ID、YahooショッピングIDを取得するのも一つの方法ですね。

私の場合は全て登録してあったので、とりあえず無駄に全ての項目に入力してあります。

 

Rinkerのここがすごい!

 

・紹介したい商品検索から商品追加までスムーズ(他サイトへの移動なし)

 

※下の画像は公式サイトの画像を引用させていただきました。

 

プラグイン「Rinker」の使用方法を一連の流れで説明した画像。

引用元:おやこそだて

これだけですよ?!すごく早いですよね。

間違いなく記事の作成時間は短縮されますよ。

 

・Rinkerの利用は基本無料

 

 

・商品リンクのカスタマイズの説明も丁寧

 

Rinker公式サイト「おやこそだて」に掲載されていますが、「note」や「fanbox」でより詳しいカスタマイズ方法が確認出来そうです。

 

GoogleAnalyticsに対応

 

wordpressのダッシュボードの「設定」⇒「Rinker設定」の中にGoogleAnalyticsで「商品リンクのクリックをトラッキング」という項目にチェックを入れるだけで設定できます。

Rinker設定画面から、グーグルアナルティクスの設定部分の画像

見辛くてすみません。

 

・価格の表示が出来る

 

カエレバでは価格の表示が無いのですが、「Rinker」では設定で価格の表示が可能です!

リアルな感じがするので、私は気に入ってます。

ちなみに非表示も出来ます

 

しかも、24時間ごとに金額が更新されて表示されるなんて、すげぇ~っす!

 

・ワードプレスのダッシュボード上で商品リンクの管理が出来る

 

Rinkerって有料?無料?

 

Rinkerは基本的に無料のプラグインなので、使用するのは無料です。

 

こんなに便利なのにほんとにすごい。

カエレバも全て無料なので、ほんとうにありがたいですね。

 

両方を併用するのがベストかもしれません。

 

有料版というか、「note」の購入や「fanbox」から支援することができます。

※下の画像は引用させて頂きました。

Rinkerのnoteの支援方法とfanboxの支援方法を説明する画像

引用元:おやこそだて

 

Rinkerのダウンロード方法

 

Rinker公式サイト「おやこそだて」:https://oyakosodate.com/rinker/からダウンロードができます。

商品管理プラグイン「Rinker」公式サイト

 

Rinkerの使い方

 

Rinker公式サイト「おやこそだて」からファイルをダウンロード。

ダウンロードされたRinkerのファイル画像

ダウンロードが出来たら、ダッシュボードの「プラグイン」の「新規追加」へ。

この中の「プラグインのアップロード」でダウンロードしたファイルを選択してインストールします。

 

インストールが終了後、ダッシュボード上に「商品リンク」という項目と、ダッシュボード上の「設定」の中に「Rinker設定」という項目が反映されます。

 

「Rinker設定」でAmazon、楽天、YahooショッピングのIDを入力して、商品リンクの作成に至ります。

 

そのため利用前に、この設定は必ず行ってください。

 

特に注意が必要なのがAmazonのAPIキーの入力とバリューコマースのLinkSwitchです。

 

AmazonProductAdvertisingAPIの認証キーを取得にアクセスして認証キーを取得します。

 

アクセスキーIDと共に表示されるシークレットキーですが、こちらは発行時にしか確認できません。
そのため必ず分かるようにメモかスクリーンショットなどで保存しておきましょう。

 

バリューコマースのLinkSwitch

 

バリューコマースにログインしたら、下記の「広告管理/ツール」のLinkswitchをクリックして、Linkswitch設定をします。↓

 

Linkswitch設定に入ったら、下の画像の赤枠内のようにコードが出てきますので、これをコピー。

 

下の画像内のYahooショッピング(バリューコマース)設定のLinkswitchの中にペーストしてやります。

 

※それぞれのID取得の方法が分からない場合に、赤枠で囲んだ箇所をクリックすることで各IDの説明ページに移動します。

 

設定が完了したら、ダッシュボード上の「商品リンク」から、紹介予定の商品ページを作ってカスタマイズしたり管理したりも良し。

 

引用させて頂いた方法のように、記事を書きながら商品を探してリンクを貼るのも良しです。

プラグイン「Rinker」の使用方法を一連の流れで説明した画像。

引用元:おやこそだて

 

設定が完了すれば、本当に便利に使えると思います。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?商品リンク作成のプラグイン「Rinker」について書いてみました。

公式サイトからダウンロードして、アップロードして設定すれば簡単に使えちゃいます。

 

他のASPサイトなどから商品リンクをコピーして、貼り付けるより時間も手間も減りますし、何より簡単ですね。

しかも、ワードプレスのダッシュボード、記事作成画面から商品リンクが作成出来るなんて本当にありがたいです。

 

無駄に商品リンクを貼りたくなるのは、自分だけじゃないはず!きっと。

 

プラグインを作成してくれた、やよいさん(@oyayoi19)本当にありがとうございます。

めちゃめちゃ便利ですよ。

 

今後もバリバリ使わせて頂きたいと思います。

 

ブログ
ダイダイスケマルをフォローする
堅実で真面目?ウラ腹な私の腹中ブログ