メルカリでCanonのEOS 7D mark ii(デジタル一眼)購入したが。

 

すーさん

「メルカリでお目当てのカメラが安く売りに出されているけど、購入しても大丈夫だろうか?

 高額な商品の個人売買って、なんとなく心配だなぁ。カメラの質は一体どうなんだろう?

 なんでこんなに状態が良さそうなのに、安く売りに出されてるんだろう?。」

 

という方いらっしゃいませんか?今回の記事はそんなあなたに向けて、私の体験談を書いております。

私がメルカリで購入した、デジタル一眼レフカメラのEOS 7D mark iiについて。

 

デジタル一眼、CanonのEOS 7D mark iiをメルカリで購入。

 

メルカリで購入した経緯と経過について書いてみたいと思います。

 

先に書きますが、カメラなどの精密機械は、購入を慎重に検討してみてください。

オーバーホールになれば数万円はかかりますし(実際に私がかかった。)。

不具合や故障しているものを買うなら、保証の付いているお店や高くても新品の購入をオススメします。

 

売主に聞けるのであれば、細かいところまで聞いた方が無難です。

ここまで書けば、大体内容は察しがつくかもしれませんね。後悔先に立たずです。

 

EOS 7D mark iiを選んだ理由。

 

EOS 7D mark iiの特徴の中でも、一番のポイント。

それはオートフォーカスの機能が大変良く、被写体への追従性が高かったからなんです。

自動でピントを合わせてくれて、被写体が動いても追ってピントを合わせてくれるんですよ!

そして連射速度は、1秒あたり約10コマという数字。

 

依頼のあったイベントの中で、激しいダンスを踊る様子撮る予定だったので、

まさにばっちりです。

 

発売から約3年は経過しているものの、

機能的に大変魅力的なスペックであったのは間違いがありません。

 

補足として以下もご覧下さい。

EOS 7D mark iiがAPS-Cクラスにおいて、2014年時点では最上位機種である、

理由を少しだけご紹介します。

ちなみにAPS-Cクラスとは、35mmのイメージセンサーを持つカメラをフルサイズ、

呼ぶのに対し、APS-Cクラスとはイメージセンサーが少し小さいカメラのことです。

 

発売当時の価格は約20万円。

35mmフルサイズセンサーを搭載したカメラと比較すると、

APS-Cクラスのカメラでは、高額な値段設定でした。

 

有効画素数は2020万画素
映像エンジンはデュアルdigic6
ISO感度100から16000
連射速度最高約10コマ
AF測距点最大65点
20.2MCMOSセンサー
EOSitrオートフォーカス
マグネシウム合金製のボディ
フリッカーレス撮影
AIサーボAF3搭載
AEシステムは15万画素RGB+IR測光センサー

 

オートフォーカス時の測距点65点がすべてオールクロス仕様であったこと、

これは当時のフラッグシップモデルであったEOS 1DXやEOS 5d markⅲを超えるシステムだったのです。

 

自動露出を司るAEシステムにおいても、EOS 1DXで使われていたものをさらに進化させた、

15万画素RGB+IR測光センサーとして、252分割が採用されているのです。

 

当時として最新の画像処理エンジン、DIGIC6をデュアルで搭載していたことから、

高速連射撮影や低感度撮影などに対応し、バッテリーの消費は上がったものの、高速処理が可能となったのです。

 

EOS 7D mark iiの相場

 

約1年ほど前に、メルカリで売られていたEOS 7D mark iiは、

シャッター回数が3万以上でもボディ+レンズセットで大体13~14万円ほどでした。

EOS 7D mark iiのシャッター耐久回数は約20万回

 

カメラ本体のみで、シャッター回数2~3万回だと10万から11万円前後だったと思います。

予算がない私は、メルカリの検索で毎日のようにお目当てのeos 7d markiiを探していました。

 

カメラ本体だけで10万円以下のものがあれば最高なんだけどなと。

そんなものがあれば、市場より安く手に入るわけですから、みんな同じことを考えるのが当たり前で、

検索結果は売り切れ表示ばかりが、並んでいました。

 

ついに念願のカメラが。

 

そんな折に、EOS 7D mark iiがボディのみで、95000円で売りに出されているではありませんか。

カメラの使用期間は1年にも満たないということでした。

 

補足説明
↓プロフィールにも書いてるのですが、大学で写真を勉強してました。
そのためちょこちょこと撮影の依頼を受けるのです。(ほぼ無料で)
プロフィール
プロフィール 私のこれまでの経歴 長野県出身の34才。 八白土星の癸亥(みずのとい=いのしし年生まれ)。 てんびん座。 優しく寛大で偉大な父親と、 怖くも人情味溢れ愛らしい母親の元に生まれる。 ...

 

今回はデジタルカメラでイベント撮影の依頼がだったので、

今まで使っていたCanon Eos kiss digitalからグレードアップして少しいいカメラを。

と思い探していたのです。

 

そんな矢先にフリマアプリのメルカリで検索をしてみたところ、

ボディのみの出品でしたがメルカリ内の相場と比較すると、安く売っている商品を見つけたのです。

 

メルカリの商品ページのスクリーンショット。

メルカリの商品ページ

 

95,000円!!

 

そしてタイミングよく、メルカリから7%クーポンが発行され、これは何としても買わなくてはならない。

これ以上安いものは手に入らないかもしれないと、焦りが追いかけてくるのです。

ちょっと異常。


メルカリの機能で商品が気になる人は「いいね」をして、

ブックマークのように保存できるのです。

出品者に質問する場合は「コメント」を介して連絡をします。

 

で、この商品には8人が「いいね」をして、8件の「コメント」がありました。

それを見て早く買わなければ売れてしまう?!と焦った私は勢いで購入をしてしまったのです。

正直なところ、今考えると大変浅はかな行動でした。

 

この行動が後悔を招く結果となります。

 

カメラの出品者へ質問

 

前の人が交渉を終えたようだったので、すかさず質問をしてみました。

Q:なぜ売りに出したのですか?

A:カメラに飽きてしまったからです。

Q:傷などの異常はありませんか?

A:目立つのは特にありません。

 

 

というような質問をし、安心してしまったため購入に至りました。

自分の思い込みで、充電器やストラップなどの付属品はついてくると思っていました。

 

購入後、売主から連絡があり2~3日での発送とのことでした、、、。

 

しかし、2~3日が経ったものの、発送完了の通知が来ず。

不安になって、売主に尋ねたところ、もう少し時間がかかるとの回答でした。

 

メルカリ購入時の重要ポイントです。

 

購入後代金を支払い商品が送られてきても、こちらで受け取りの通知をしない限り、

代金は売主に振り込まれません。

(故意に受取の通知をしない場合は、事務局で強制的に振込手続きになることはあります。)

 

手元に商品が届いても、

 

不備がある

故障している

他の商品が届いた

 

手違いがある際は事務局に連絡して、代金の支払い停止を依頼することもできます。

 

実際この後、付属品が無かったので、同じ売主に付属品があれば譲って欲しい旨の連絡をします。

EOS 7D mark iiのストラップや充電器です。

売主より了解をもらい、出品した後に購入後、支払いを完了しました。

 

しかし、対応がないのです。

発送の通知が来たにも関わらず、3日~1週間~2週間と過ぎていきます。

最後に分かったのは、仕事で家に帰れないという理由で返事も送れず、

発送も出来なかったとのことでした。

 

事務局に連絡をして、取引をキャンセルしたいと申し出たところ、すんなりと受け入れられた経緯があります。

事務局では売主と買主のやり取りの記録を見ているので、問題があったことを届ければ対応してくれるのです。

 

ネット通販においても、この事務局の様なものがあると、売主買主ともに心強いかもですね。

 

話を戻します。

 

EOS 7D mark iiの発送通知が来たのは、購入から4日経った日のことでした。

発送の通知にほっとしたのも束の間でした。

 

通知から二日後、待ちに待ったEOS 7D markiiが郵便配達員の手によって遂に、私の元へ。

 

EOS 7D mark iiの梱包状態を目の当たりにし、目が点になってしまいました。

なんとビニールのプチプチでぐるぐる巻きにした後、

デパートのビニール袋を被せ、その上から紙袋が巻きつけられ、

そこに送付状が貼ってあったのです。

 

これを見た瞬間に愕然とし、手が震えていました。

精密機械ならせめてダンボールでしょ。ビニールって。送料込みなのは分かりますけどね。

せめてね。これはあかーんと。

 

心の中で売主に対し、

裏切られたような、切ないような、えもいわれぬ感情が湧いてくるのです。

 

売り主は自費で購入したのか、

若い子が両親にお金を出して買ってもらったのか、定かではありません。

しかし、これはないだろうと。

梱包を解いて、実物の外観を見たら気分も変わるかもしれない、

まさかそんな売主に自分が遭遇するはずない、信じられない気持ちもありました。

 

外観を見たところ、綺麗といえば綺麗なのですが、、、、傷あるじゃんって。

泣きっ面に蜂です。傷はないって言ってなかったっけ。嘘じゃん、みたいな。

 

もうここまで来ると、泣きたい気持ちが1/3、今すぐキャンセルして取り消したい気持ちも1/3。

どうしていいかわからない気持ちが1/3。純情な感情が1/3。って今となればこんなことも言えますがね。

 

この時点で、商品説明と違うよね?

 

と思いつつ、バッテリーはついていたのホッとしました。

ただし、予想では付属しているはずの充電器が見当たらないよ。。。

焦りが半端じゃなかったです。(自分の確認不足が原因です。)

 

電源が入らないし、動作確認が出来ないし。

完動品かどうかも分からずに、受け取り通知が出来ません。

こんなものを買ってしまった自分を情けなく、この時点でなかば諦めてました。

 

返品出来るか、否か。

 

購入予定の方は十分に売主に質問することがベストです

細かいところは、確認することをオススメします。

 

傷ありだし、充電器が無く動作確認が出来ないし、受け取り通知に時間がかかるし。

このままでは予定のイベントに間に合わない!まずい。

返品をしたいと申し出たのですが、売主からは一度売ったものだからキャンセルはできません、とのことでした。

 

基本的にメルカリはキャンセルなし、なのです。

しかし双方の合意があれば、事務局を通して可能になるのですが、明確な不備が認められる場合です。

 

なぜ?と思いつつ、キャンセルを拒む売主を少し不審に思ってしまいましたが。

ただ、私の思い込みで手違いの面もあり混乱しており、対応策に迷っていました。

 

 

少しでも安く手に入ったことへの満足感と、今後のやり取りが面倒なことになるなら、

これで良いかという怠惰な心もあったのかもしれません。一応手に入ったし。

 

売主がいくら正常に動作すると言っても、動作確認をするまで、受け取りの通知はできませんでした。

 

ここで、私が考えたのは(浅はか)バッテリーグリップです。

これなら単3電池の利用ができ、動作確認も出来る!

持っていて損は無い。

でも、新品で約20000円。選択肢はヤフオクへ。

探している内に、なんとか未使用品を14000円でゲットできたのです。

予想外の出費。

 

EOS 7D mark iiをいざ動作確認へ。

 

CANONのバッテリーグリップは本来、電池6本で動作します。

しかし知らない私は、電池4本で動作しないことにガッカリ。笑えませんね。

非常に緊張しましたが、何とか動作しているのを確認しました。

 

ただカメラは動いて動作確認!はい、OKと言うわけにいかないのです!

今更ながら。もー恥ずかしい!しっかり写真を撮って確認しましょう!

ここで、もう一つ教訓です。絞りは開放と最大絞りの両方で、撮って確認してください!

カメラは精密で、少しの異常でも写真に影響が出てしまうのです。

同じ写真は二度と撮れないので、大切な一瞬が台無しになりかねません。

 

話を戻します。

色々と考えることはありましたが、一応動いたためた妥協して受け取り通知をしました。

そして取引終了となったのです。

 

イベント撮影の本番へ。

 

イベント当日までに、バッテリーグリップ様の単三電池と充電器を用意して万全の体制で本番に望みました。

 

これまでに触ったことのない上位機種に、心踊らせながら撮影に向かいます。

高速連射も不備なく動くし、またシャッター音が心地良くて。

もう気持ちは獲物を狙うハンターですよ。

手の中の重厚感がエントリークラスのEOS kissXとは異なっていて、その気にさせてくれるんですね。

 

充足感に満たされて撮影を終えた私の目を再度、点にさせる出来事が。

なんと、絞りF4〜5.6の写真のピントが画面右側だけ滲んでいるのです。ピントがおかしい。。。

もうね、完全に市中引き回しの打首獄門ものです。

 

あかん〜とか言えないレベルです。

何が残念って自分を信じてくれて、依頼してくれた方の信頼を裏切ってしまって情けない。

顔向けできない。

ただ救われたことに、撮影した写真の中に何とか使えるカットがあったので、

形になったのですが、こんな経験は二度としたくないですね。

 

と言いつつ、このイベントの撮影が終わってからでしたが、

懲りない私は、同じ売り主にストラップを売って欲しいと持ちかけたのです。

勝手な予想ですが、使わない上に売りに出すのではと思ったからです。

カメラ本体では学習出来て無かった様です。

 

ストラップは手元に届かずじまい。

 

発送の通知があったにも関わらず、1ヶ月経っても商品は届かなかったのです。

こちらの取引に関しては、事務局に相談をしてからキャンセル手続きを取っていただきました。

この時は売主からの連絡が一切なく、4回ほどこちらから連絡を促したのですが、全く反応がなかったのです。

最後に来た連絡が、旅館業をやっていて忙しいから連絡ができなかったとのことでした。

 

意味が分かりませんでしたが、こういうこともあるんだなという教訓をいただきました。

物を買うという行為が手軽になったものの、注意しなくてはなりませんね。

そんな経緯がありましたが、お情けを頂き今年の5月に同じイベントにて、撮影をして欲しいとの依頼があったのです。

 

正直、個人の趣味範囲なら、これ以上お金をかけてこのカメラを修理するぐらいなら、新しいものを購入するべきだと思ったのです。

なんと寛大な依頼者でしょう。再度お声をかけて下さったのです。

 

こんな私を頼って下さるならとの思いで、

恐る恐るキャノンあんしんメンテオーバーホールに出したのです。

 

あんしんメンテオーバーホールに出した時の内容はまた別の記事で書きたいと思います。

 

メルカリでEOS 7D mark iiを購入し、学んだ教訓をまとめてみました。

 

一つ、安いからと言ってすぐに購入しない

二つ、安いものにはしっかりと理由がある

三つ、売主とコミュニケーションをしっかりとる

四つ、疑問に思ったこと細かい点は必ず確認をする

五つ、値段が高いものはそれなりに覚悟して買う、もしくは買わない

六つ、自分がやられて嫌なことは人にしない(当たり前ですが)

七つ、売主のこれまでの評価をよく見る。前の人の取引メッセージをよく見る

八つ、スクリーンショットなどを用いて自分の身を守るように心がける

 

是非参考にして頂ければと思います。

 

本日も私の記事を読んでくださり、誠にありがとうございます。

乱筆で失礼しました。

 

コメント