ブログの記事作成が高速化!便利な無料ツール。

どうも、こんにちは。

いつもご覧くださり、真にありがとうございます。

 

今回の記事は、

ブログの記事作成が高速化する、便利な無料ツールをご紹介します。

 

ブログにおいて、記事作成はブログの要ともいえます。

 

でも記事作成って、時間かかりませんか?

文字を打っては消し、を何回繰り返すことか。

慣れないタイピングにいったい何時間かかるんだろう、なんてことはありませんか。

上級者であれば1~2時間程で書けるかもしれませんが、慣れないうちはそうはいきませんよね。

 

ではその記事をもっと早く作成するためのツールがあれば、

とても嬉しいですよね。しかも無料。

ブログの記事作成がもう少し早く出来ないかな。

記事作成が高速化する無料ツールってないのかな。

そんな方に向けて記事を書かせていただきたいと思います。

 

記事作成に便利な無料ツール=Google音声入力機能。

 

ご紹介したい機能とは、文字をタイピングするのではなく、

しゃべって入力する、音声入力機能を利用します。

 

Google ドキュメントの音声入力のことです。

しかもなんと、こんな便利な機能が無料なんです。

 

まさにこの文章も Google ドキュメントの音声入力を利用しながら、作成しています。

 

Google音声入力で、ブログ記事作成が高速化。

 

この機能の利点。それは素早い入力が可能になるということです。

これにつきます。タイピングより本当に早いんで、驚きます。

たまに誤変換される時は笑えます。

 

Google ドキュメントを利用しない手はありません。

誰でも利用できます。

ただし、Google ドキュメントでは句読点(まる、てん)や括弧と言ってみても、

漢字になってしまい、正確に変換することはできませんでした。

 

音声入力といえばマイクがついているノートパソコンだと、

Windowsのコントロールパネル内にあるハードウェア とサウンド のオーディオデバイスの管理から

録音タブをクリックし、設定することも出来ますね。

 

Windows システムの音声入力は、句読点や括弧、数字や英単語、番号などの

聞き取りに強く、こちらを利用していただくのも良いかもしれません。

Windowsの検索を使用し、マイクで検索をかけると接続するマイクの詳細な設定が可能です。

ちなみにワードパッドに音声入力されるようです。

ただし、Google ドキュメントと比較すると、

音声入力が遅く感じるかもしれません。

ぬめっと動く iPhone と、カクカクした Android のような違いです。

 

Google ドキュメントの利用方法。

 

以下の手順を進める前に、

Chrome ブラウザのインストールと、Google アカウントは必須になります。

ですので、お忘れなく。

 

①Google のブラウザを開き、ブックマークバーにあるアプリをクリックします。

 

 

②この中のドキュメントをクリックします。

 

 

③空白をクリックし、ドキュメントを作成します。

 

 

④ツールをクリックし、 音声入力をクリックします。

 

 

⑤すると、 マイクボタンが出てきます。

 

 

⑥マイクボタンの上にある、言語の設定を日本語にします。

マイクボタンをクリックし、マイクボタンが赤くなれば音声入力が可能です。

 

いちいちツールから起動するのが面倒な方は、

「Shift」+「Ctrl」+「S」でショートカットで操作が可能です。

 

こちらは空白のドキュメントだけでなく、

履歴書、パンフレット、提案書など様々なテンプレートが揃っているため記事作成のみでなく、

ビジネスでの利用も可能です。

こんなに便利になってしまって良いのでしょうか。

 

音声入力用のマイクを使ってみた。

 

 

写真が見辛くて大変申し訳ありません。

 

PCデポで1900円だったかな。

 

amazonで、気になっていたのですが、中々一歩踏み出せず。

プライム会員なので買ってしまえば良かったのですが、

ついに店頭購入をすることになりました。

 

 

マイクを使用した、結果と感想。

 

買って正解でした。

っていうかもっと早く購入してればと少し後悔しています。

反応が早いし正確に入力できる。言葉も聞き漏らさずに、ほとんど聞き取ってくれます。

 

このタイプの他に、片耳にマイクとヘッドホンをつけるタイプもありましたし、

髪型が崩れないように、後頭部にヘッドセット部分が位置するのもありました。

 

マイクを使わずに読み上げた文章。

 

 

ひらがなのあ行から最後の ん まで聞き取れないところは、2回ずつ読み上げました。

か行ま行が入力できずに空白のままです。

パソコンに向かって話しかけておりますが、やはり集音性はいまいちです。

知らない人が見たら、ちょっと?って思うかも。

 

パソコンの機種によって、マイク有りと無しとありますので、

コントロールパネル等から、録音マイク対応のものか確認してください。

 

 

マイクを使って読み上げた文章。

 

 

ひらがなの行から最後の ん まですべて読み取ってます。

わ行については英語変換になってしまいましたが。

その他は文章もしっかりと集音しています。

繰り返しになっちゃいますが、読み上げた音声に対する反応が速く、

すぐに文章になるのが非常に便利です。

 

パソコンのマイクでは、大きな声を張らないと聞き取りづらいのが難点ですが

口元にあるヘッドセットマイクは、普通に喋るような感じでも十分に集音可能です。

 

スマートフォンも併用したら鬼に金棒。

 

この音声入力によって、文章を書くということが好きな人から苦手な人まで、

とても大きな変化をもたらしそうな気がします。

 

好きな人はより早く書けるようになるのかな。

苦手な人は構えずに、文章というものと対峙できるかも。

 

しかも、スマートフォンでは文章の音声入力は当たり前になっているし、

組み合わせたら、いつでもどこでも好きな文章やアイデアが音声で残せるようになりますね。

 

実際、書いている時と喋る時では、脳が働いている箇所が違うようですね。

しかも、手書きで文章を推敲することは、脳にとってとても大切だそうです。

知らなかった。

 

手書きと喋りを併用することで、

もっと文章力や構成力のアップが見込めたりして。

楽しみですね。

 

Googleドキュメントのアプリもあります。

 

もちろんですが、Googleドキュメントのアプリもあります。

私はGoogle Playでダウンロードしました。

アンドロイド、ios共に対応しております。

 

 

んで実際にダウンロードして、使ってみました。

もちろん無料です~。

 

なんてありがたいんでしょう。

Googleさん、この場を借りてお礼をします。

いつもありがとうございます。

「OK Google」

なんていつも狎れなれしくしてすみません。

 

これがまた非常に便利!

正直にいいます。

音声入力は、Google keepよりも利用しやすいです。

 

Google keepの音声入力は、音声で残す事ができるけど、

途中で早めに切れちゃうのが、なんとも言えない。

メモ用途だから、長い音声入力向きではないのかもしれませんね。

 

今回ご紹介したのはAndroid 版です。

 

このGoogle ドキュメントアプリの音声入力の方法が分からない場合。

文字入力画面で、下のマイクのマークを探してください。↓

 

音声入力マーク

 

私のスマートフォンの画面で申し訳ありませんが

↓こちらも参考にしてみてください。

スマートフォンの画面

 

反応はスマートフォンによって、異なるかと思いますが、是非一度試して頂きたいです。

 

 

本日はここまでとさせて頂きます。

記事を読んで下さいまして、本当に有難うございます。

 

今回の記事はブログの記事執筆の高速化ツールとして、 Google ドキュメントの音声入力をご紹介しました。

気になった方はぜひ使ってみてください。

コメント

  1. […] 「ブログの記事作成が高速化!便利な無料ツール。」(Googleドキュメント紹介記事) […]